« 特撮博物館 | トップページ | 妻戸神社 »

2014年1月 6日 (月)

弥彦山・裏参道コース

【日時】 2014年1月5日(日)日帰り

【メンバー】 セフコT・セフコH

【天候】 曇り時々晴れ

【コースタイム】 7:30 自宅発=8:05 西生寺駐車場~8:10 発―8:50 能見平―9:20 弥彦山山頂(5分滞在)―10:15 駐車場

(登り1時間10分 下り50分 標高差506m 登り累積標高531m 登り積算距離2.583㎞)

【使用カメラ】 オリンパス・OM-D E-M5

 今日は午後から次女の成人式の前撮りした写真の選定がある。午前中は時間があったので山に行くことにした。山に行くのは6週間ぶりだ。3週間空いたことはあったが6週間も空いたのは初めてだ。ずっと新潟県は悪天候が続いていたのだ。

 登り初めはやはり弥彦山。神社からの表参道からではなく西生寺から裏参道を登った。こちらは登る人が少なく静かな歩きが楽しめる。登山道は凍結していて長靴で登るにはちょっと厳しかった。スパイク長靴が欲しい。

 予報では下越は曇りだったが、青空も広がりラッキーだった。冬型になると下越の平野部は晴れるパターンだ。登り1時間10分。下り50分。ちょっと物足りない運動量ではあった。

 7時30分、自宅発。気温は0℃。路面は凍結。8時5分、西生寺着。西生寺からは3回目だが、過去2回は西生寺の駐車場に車を駐めて西生寺の脇の登山口から登った。こちらから登ると段差の大きい急な階段が続く。途中で旧道出合という看板で旧道と合流する。この旧道がどこから登っているのかわからなかったが、西生寺手前にある登山者用駐車場から始まっているようだと気づいた。

 以前、登山者用駐車場に車を駐めて歩き出そうとそたが、未舗装でぐちゃぐちゃしていたので、西生寺の駐車場に駐め直した。だから登山者用駐車場からの登山道があることを知らなかったのだ。それで今回は登山者用駐車場からの登山道を登ることにした。

 駐車車両はなかったが準備をしていたら1台入ってきた。下山時には5・6台駐まっていた。こちらから登るのは普通のようだ。8時10分、歩き出す。

 こちらの道は急な階段もなく道も広くて歩きやすい。登山道にはうっすらと雪が積もっている。夜降ったようだ。8時25分、西生寺からの道と合流。8時30分、スカイライン横断。8時50分、能見平。

P1050002

P1050004

P1050005

P1050009

P1050011

 能見平からは雪も深くなり、道はガチガチに凍っている。普通の長靴では滑る。ここはスパイク長靴が欲しい所だ。毎年買おう買おうと思いながら、未だに買っていない。9時20分、弥彦山山頂着。風が強くて寒い。奥の院にお参りしてすぐに下山。

P1050014

P1050016

P1050019

P1050022

P1050023

P1050024

P1050028

 下りはもっと滑って怖い。9時50分、能見平。10時15分、駐車場着。お正月休みのうちに初登りが出来てよかった。

P1050040
P1050044


P1050047




































« 特撮博物館 | トップページ | 妻戸神社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586643/58896121

この記事へのトラックバック一覧です: 弥彦山・裏参道コース:

« 特撮博物館 | トップページ | 妻戸神社 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30