« 村岡城跡の雪割草 | トップページ | 北陸新幹線 »

2015年3月23日 (月)

高社山(1351.5m)

【日時】 2015年3月22日(日)日帰り

【メンバー】 セフコT・セフコH

【天候】 晴れ

【コースタイム】 4:30 自宅発=(上信越自動車道豊田飯山IC・国道117号経由)=6:35 高社山登山口~7:00 発―7:50 普賢菩薩(休憩5分)―9:35 稜線(朝食30分)―10:55 普賢菩薩(休憩5分)―11:30 高社山登山口

(登り2時間35分 下り1時間25分 標高差619m 登り累積標高662m 登り積算距離3.202㎞ 車両走行距離往復303㎞)

【使用カメラ】 オリンパス・OM-D E-M5

土曜日は結婚25周年・銀婚式の記念写真を写真館で撮った。週間予報ではこの土日はよくなかったのでちょうどいいと思っていたら直前土曜日に晴れマーク。山に行きたいと思いながら予約なので仕方ない。そしたら日曜日も新潟県以外に晴れマーク。それで長野県の高社山に登ることにした。高社山(こうしゃさん、たかやしろやま)は標高1351.5mの山で中野市・山ノ内町・木島平村の境界に位置する。別名、高井富士とも呼ばれる。山と高原地図「志賀高原」にギリギリ外れるマイナーな山ではあるが、前から気になっていた。

朝4時30分、自宅発。上信越自動車道豊田飯山ICを降りて国道117号から中野市に入り登山口のある高社神社・谷厳寺を目指す。6時35分、谷厳寺の参拝者用駐車場着。ここに登山口を示す大きな看板がある。雪の状態がわからないので装備に迷ったが登山口には雪はなさそう。それでスノーシューも用意してきたがやめて、ピッケル・アイゼン・ワカンをザックに付けて、つぼ足で行くことにした。

P3220001

お墓の中を進むと登山道になる。しばらく行くと大きな金の大仏が現れた。金色に輝く8体の「干支守り大仏様」。ちょっと異様な雰囲気だ。なんでも千葉のディスカウントストアにあった大仏たちだそうで、流れ流れてこの地に来たとか。

P3220040
P3220044
P3220048

しばらく登るとカモシカと遭遇。小さいカモシカだった。段々と登山道に雪が出てきた。あまり人が入っていないようでしっかりしたトレースはなかった。雪はそれなりに締まっているが時々ずぼっともぐる。ワカンを付けるほどではないので我慢して登る。

P3220005
P3220008
P3220011

積雪が段々多くなるがそれでも1mもない位だ。ただいつまで経っても同じ景色で、登っていて張り合いがない。写真もほとんど撮らなかった。ただ振り返ると先週開業した北陸新幹線の高架が見下ろせた。帰りに飯山駅に寄ってみようと思った。

P3220026                     北陸新幹線の高架

P3220027

9時35分、標高約1085mの稜線に出た。稜線に出れば展望が広がるのかと思ったら結構木々があっていまいち。その先山頂までの道も木々があってちょっと思っていた感じと違う。山頂まで行かないと展望はよくないようだ。まだ標高差300mはあるので1時間くらいかかりそう。アップダウンもあり斜面も急そう。山頂まで行く気力がなくなりここで撤退を決めた。

P3220020                            前方が高社山

P3220017

ちょっと早いがここで昼食。撤退となれば早く降りて北陸新幹線が走っている姿を撮影したいと思った。下りは一層ズボズボもぐりながら下山。途中単独の男性とすれ違った。今日会ったのはこの人だけ。やはりマイナーな山だ。今回はちょっと山の選択を誤った感じだ。

« 村岡城跡の雪割草 | トップページ | 北陸新幹線 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586643/61326437

この記事へのトラックバック一覧です: 高社山(1351.5m):

« 村岡城跡の雪割草 | トップページ | 北陸新幹線 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31