« 樋曽山(296.7m)・福井山 | トップページ | 2016年4月2日、白馬岩岳に登りました。営業の終わったスキー場のゲレンデから後立山連峰がきれに見えました。 »

2016年3月28日 (月)

鉄道博物館(さいたま市)

【日時】 2016年3月27日(日)日帰り

【メンバー】 セフコT・セフコH・次女

【天候】 曇りのち晴れ

【コースタイム】 5:50 自宅発=(関越自動車道川越IC・R16・17経由)=9:20 鉄道博物館駐車場―9:55 鉄道博物館入場―13:45 鉄道博物館退場―13:50 駐車場発=(R17・16・関越自動車道川越IC経由)=18:30 自宅

(行き3時間30分〈朝食時間含む〉・帰り3時間30分〈給油時間含む〉 車両走行距離往復557㎞)

【使用カメラ】 ソニー・α7 II ILCE

春休み最後の日曜日。次女が3月で大学を卒業して4月から就職する。土日休みの仕事ではないので家族で出かけのも出来ずらくなりそうなので日帰りで遊んできた。行ったのはさいたま市にある鉄道博物館。昨日、北海道新幹線が開業して世の中的に鉄道が盛り上がっている。私はマニアではないが鉄道は好きな方。昨年開業した北陸新幹線を使って金沢に日帰りでもと思ったがやはり新幹線代が高い。それで鉄道博物館に行くことにした。

調べてみると鉄道博物館の3階のビューデッキや屋上のパノラマデッキからすぐ近くを通る新幹線を見ることが出来るようだ。大宮は東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・上越新幹線・北陸新幹線、そして昨日開業した北海道新幹線と6本もの新幹線が通る交通の要所なのである。操車場跡地があって元々鉄道の街である。それで北海道新幹線が間近で見られたらいいなと思って出かけてきた。

朝5時50分、自宅発。鉄道博物館の開館が10時。駐車場が300台弱と少ないので満車になると嫌なので早めに出かけた。関越自動車道川越ICを降りて国道16号・17号を通って鉄道博物館へ。駐車場がどこかわからずぐるぐる回った。9時20分、駐車場着。早く着いたので駐車場は余裕だった。開館までまだ早いと思いながら車にいても仕方ないので鉄道博物館へ移動。そしたら大勢の人がすでに並んでいた。隣接する鉄道博物館(大成)駅から電車が到着すると人がどっと降りてくる。列はどんどん長くなった。春休みとあって子連れが多い。

9時55分に開場。券売機で入場券(大人1000円)を買って中に入った。どこから見ようか迷っていたらボランティアガイドの人が声をかけてきた。もし初めて来たのでしたらボランティアガイドと一緒に回った方がいいですよ、と言われた。10時15分からと13時15分の2回行われるようだ。時間は1時間ほどで途中で抜けてもいいとのこと。とりあえずまだ少し時間があったので近くに展示してあったSLを見たりしていた。

Dsc03090
Dsc03098

10時15分になったので、やっぱり説明を聞いた方がよくわかるかなと思い、ボランティアガイドのツアーに参加することにした。(もちろん無料)2班に分かれ、一方は子連れ用、もう一方は大人用とのこと。もちろん大人用。子連れ用は大人数だったが大人用は我々を含め3組。人数は少ないと途中で抜けれないなあ、と思いながら参加することにした。

年配の男性が一人で説明して回った。やはり説明を聞くとよくわかる。へーと言うことばかりで勉強になった。これは断然ボランティアガイドのツアーに参加するべきと思った。鉄道の歴史から蒸気機関車や電車の構造の説明まで多岐に渡っておもしろかった。本を読んでもいいが、やはり人の話というのはよく頭に入る感じだ。

Dsc03108                         寝台車

Dsc03112                      ブルートレインの機関車

Dsc03117                       なつかしい特急とき

Dsc03118

ただ1時間と言っていたのが結局2時間近くかかった。ボランティアガイドの人はまだ話し足りないようだったがこちらは少し疲れた。12時を過ぎておなかもすいた。レストランも行列が出来ていた。食べる所はいくつかあるようだが、すぐ近くの「旅のレストラン 日本食堂」で食べた。

Dsc03125

Dsc03130                          木造の客車

Dsc03134
Dsc03136

食べ終わったあとは2階、3階、屋上と回った。2階は鉄道の歴史のパネルが飾ってある。全部読んでいたら1日でも足りなそう。3階はお目当てのビューデッキ。窓越しに高架を走る新幹線を間近に見ることが出来る。通過する時間と通る車両の名前の書かれたパネルもあって親切だ。上り下りそれぞれ1時間に7~8本ほど通る。待てばすぐ来る感じで楽しい。

東北新幹線はやぶさと秋田新幹線こまちの連結や北陸新幹線かがやき・上越新幹線ときなどを見ることが出来た。お目当ての北海道新幹線は10時台に通過してあとは夕方5時台までないとか。東北新幹線の車両で函館北斗駅まで行くのはあっても純粋な北海道新幹線車両はそれだけだそうだ。(マニアの人が説明していた)

Dsc03141                     東北新幹線はやぶさと秋田新幹線こまちの連結

Dsc03154                         北陸新幹線かがやき

Dsc03155                     通過する時間と通る車両の名前の書かれたパネル

屋上のパノラマデッキからは新幹線高架を見下ろすことが出来る。屋上なのだが見るのはガラス越しとなる。ジオラマやシミュレータ・屋外施設などまだ見ていないものもあったがもう4時間も滞在していたので帰ることにした。最後に1階にあるおみやげ屋さんに寄ったが混雑していてゆっくり見ることが出来ず、何も買わなかった。

P3270003                           上越新幹線とき

駐車場に戻り帰路についた。途中ガソリン給油のためカードが使える宇佐美石油に寄った。17号バイパス沿いにあることはわかっていたが正確にどこかはわからず探すのに手間取った。やっと見つけたら順番待ちで結構待たされた。これで随分時間をロスした。帰りも関越自動車道川越ICから高速に乗った。自宅で夕飯の予定が遅くなったので外で食べて自宅着18時30分。

Dsc03179

Dsc03181













« 樋曽山(296.7m)・福井山 | トップページ | 2016年4月2日、白馬岩岳に登りました。営業の終わったスキー場のゲレンデから後立山連峰がきれに見えました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586643/63408187

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館(さいたま市):

« 樋曽山(296.7m)・福井山 | トップページ | 2016年4月2日、白馬岩岳に登りました。営業の終わったスキー場のゲレンデから後立山連峰がきれに見えました。 »

無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28